0
¥0

現在カート内に商品はございません。



乾燥肌のこどもが増えているって本当?



こどもの肌は、きめが細かく、しっとり柔らかで潤っているイメージをお持ちではないですか?
でも、実際はこどもの肌は大人よりも潤いを保ちにくく、乾燥肌になりやすいのです。 今回はこどもが乾燥肌になりやすい理由と乾燥肌をそのままにしておくことで招くリスク、こどもの肌を乾燥から守るためにできることについてご紹介します。



こどもが乾燥肌になりやすい理由とは

こどもの肌は皮膚が薄くて皮脂が少ない
こどもの肌は大人に比べて肌の表面にある角質が薄く、肌を外部の刺激から守ったり、肌内部の水分の乾燥を防いだりするバリア機能が未発達の状態です。 肌は皮脂と汗などが混じり合うことで作られる皮脂膜によって覆われ、肌表面から水分が過剰に蒸散することを防いでいます。 しかし、こどもの肌は皮脂の分泌は大人よりぐっと少ないために皮脂膜が作られにくく、肌がより乾燥しやすい状態になっているのです。

乾燥肌のこどもが増えている理由とは
現代では、冬には暖房、夏には冷房を入れ、一年中快適な温度で過ごせるような生活が当たり前になっています。 暖房も冷房も空気中の水分を奪いやすく、部屋の中は季節を問わず空気の乾燥した状態になっていることが多くなりました。 このように一年中温度管理をされた空間で生活する時間の増えたことが、乾燥肌のこどもが増えている要因の一つになっているのではないかと考えられています。


こどもの乾燥肌を放置しておくと…
こどもの肌がカサカサと乾燥していても、あまり気にせずにそのままにしておくと、思わぬ肌トラブルを招く可能性があります。 肌が乾燥しているときには、肌を守るバリア機能が働かず、肌は外からの刺激を受けやすい状態になっています。 外部からの刺激はかゆみや湿疹などの症状を引き起こし、こどもはかゆみを感じる部分をかきむしってしまいます。 かきむしられた皮膚には傷がつき、そこからウイルスや細菌、アレルギーの原因となる物質などが入り込み、炎症を起こしてしまうことがあります。 乾燥やかゆみが長く続く場合には、アトピー性皮膚炎につながる可能性もあります。


こどもの乾燥肌を防ぐためにできること
室内の湿度管理をする
暖房をつける季節には加湿器を利用したり、濡れたタオルを干したりするなど、部屋の湿度を保つように気をつけるとよいでしょう。 夏の冷房にも注意が必要です。 直接こどもに風が当たらないように気をつけ、こまめに水分を補給させることも大切です。

お風呂の温度と時間に注意する
熱いお湯は、お風呂から上がった後に肌が乾燥しやすくなるだけでなく、かゆみを増幅させてしまうことがあります。 また、お風呂に長時間浸かっていると皮脂が流れ落ちやすくなり、肌の乾燥を促進してしまいます。

肌の潤いを守るボディーソープやせっけんを選ぶ
こどもの肌はデリケートです。 洗浄力の強いボディーソープやせっけんは、こどもの肌から皮脂を奪いすぎてしまいます。 刺激が少なく、肌の潤いを守るものを選ぶことが大切です。

肌の洗いかたやすすぎ方にも注意する
ボディーソープやせっけんは、直接こどもの体につけるのではなく、必ず手で泡立ててからつけるようにします。 タオルやスポンジなどは使わずに、指の腹を使ってなでるようにやさしく泡で洗うようにします。 肌にせっけん成分が残ることも刺激の原因となるため、すすぎ残しのないようにぬるま湯でしっかりと洗い流します。

入浴後にはしっかり保湿する
お風呂から上がった後には刺激の少ない保湿剤を体全体にたっぷり塗り、肌表面からの乾燥を防ぎます。 まずは体に保湿剤を塗り、パジャマを着せた後で顔の保湿をするとよいでしょう。

衣服や肌着は、肌に刺激の少ない素材を選ぶ
乾燥肌になりやすいこどもは、肌着や衣服の素材が刺激となってかゆみを招いてしまうこともあります。 綿などの天然素材でできた、肌触りが滑らかな肌着や衣類がおすすめです。 直接こどもの肌に触れる肌着は、縫い目が刺激になってしまうこともあるので縫い目が表に縫製してあるものを選ぶとよいでしょう。


こどもの大切な肌を守るためにできること
こどもの肌を乾燥から守るためには、大人の肌を乾燥から守ることも必要です。 こどもに触れる指先や手のひらが乾燥してガサガサしてしまっていると、こどもの体を洗っているときや保湿剤を塗るときなどにこどもの肌を傷つけてしまうことがあります。 大人もこどもと一緒に保湿ケアをし、滑らかな手肌を保つようにしましょう。 また、こどもの爪を短く切りそろえておくことも忘れてはいけません。 爪が長いと、かきむしってしまったときにできる傷も深くなり、一層肌荒れを悪化させることになってしまいます。


まとめ
こどもの肌は、しっとりと潤っているイメージを抱きがちですが、実際にはこどもの肌は大人よりもずっとデリケートで、ずっと皮脂量が少ない、乾燥肌になりやすい要素を持ち合わせています。 こどもの乾燥肌を放っておくと炎症につながる場合もあり、こどもにかゆみや痛みなどのつらい思いをさせることになってしまいます。 乾燥肌からこどもを守るためにできる対策をご紹介しました。 こどもの健やかな肌を保つために、ぜひ参考にしてみてください。

ページトップへ