0
¥0

現在カート内に商品はございません。



冬こそ気を付けたいこどものスキンケア



冬は空気が乾燥して、肌も乾燥しやすい季節です。
特にこどもの肌は大人よりもデリケートで、冬には顔や手だけでなく体もカサカサしやすくなります。 カサカサ肌をそのままにしておくと、かゆみや炎症の原因となってしまうこともあります。 健やかなこどもの肌を保つためには、乾燥しやすい冬こそスキンケアが大切です。 今回は、乾燥からこどもの肌を守る、こどもの冬のスキンケアの方法をご紹介します。



冬にこどものスキンケアが大切な理由

乾燥しやすいこどものデリケートな肌
冬場は湿度が下がり、空気も乾燥しているので大人も肌の乾燥を感じることが多い季節です。 こどもの肌は大人よりも皮膚が薄く、分泌される皮脂の量も少ないため、 肌内部の水分を保ったり外部の刺激から肌を守ったりするバリア機能が未発達な状態です。 そのため大人よりもしっとり潤っているイメージのこどもの肌は、実は大人よりも乾燥しやすいのです。 特に冬場は暖房器具を利用することが多いため、室内の空気が乾燥しやすく、こどもの肌はますます乾燥しやすくなっています。

冬こそしっかりスキンケア
こどもの手やほっぺがカサカサしているのに気づいたら、こどものスキンケアを見直した方がよいかもしれません。 乾燥しているだけだから大丈夫とそのままにしておくと、肌のカサカサがつらいかゆみの原因となることもあります。 かゆみを我慢できずにかきむしってしまうと、傷ついた肌からばい菌やアレルギー物質などが入り込んで炎症を起こしてしまうこともあります。 こどもの肌をしっとりと健やかな状態に保つためには、冬こそしっかりとこどものスキンケアを行い、肌の潤いを保ってあげることが大切なのです。


冬のお風呂で気を付けたいこどものスキンケア
乾燥を防ぐためにお風呂の中でできること
寒い日は温かいお風呂にゆっくり浸かり、冷えた体を温めたいものです。 でも、お湯の温度が高すぎるとお湯から上がったときに肌から蒸発する水分量が多くなり、肌が乾燥しやくなります。 長時間お風呂に浸かることも肌表面の皮脂が流れやすくなってしまうので、注意が必要です。 また、体を洗うときのせっけんやボディーソープ選びも大切です。 お風呂での洗いすぎや洗浄効果の強いせっけん、ボディーソープの使用が乾燥肌の原因となっていることもあります。 デリケートなこどもの肌を守るためには、刺激の少ない、穏やかな洗浄成分が使われているものを選ぶとよいでしょう。 洗う前にはしっかりと手でせっけんやボディーソープを泡立てて、決してごしごしこすることなく、やさしく手を滑らせて洗うようにします。

入浴後のスキンケアで大切なこと
お風呂から上がった後のスキンケアも大切です。 湯冷めしないように手早くタオルで水分を拭き取ったら、すぐに手足やお腹、背中など体全体に保湿効果の高いローションなどを塗り、着替えさせます。 その後に顔のスキンケアとして、顔にも保湿剤をしっかり塗るようにします。 お風呂上りにはどんどん肌から水分が失われてしまうので、できるだけ早く全身のスキンケアを終わらせるようにします。 こどものスキンケアには、大人より敏感な肌のこどもが使える、低刺激で添加物などが少なく、高い保湿効果のあるものを選ぶようにしましょう。


冬のこどものスキンケアで大切な保湿。上手な保湿の仕方とは
こどもの肌のスキンケアで気を付けたいこと
冬のこどもの肌はとても乾燥しやすい状態になっているため、保湿重視のスキンケアが大切です。 お風呂上りだけでなく、朝起きたときにも全身に保湿剤を塗ってあげるとさらに効果的です。 また、頬や手がカサカサしているなと気が付いたら、その都度保湿をしてあげるとよいでしょう。 そのとき注意したいのが、スキンケアをしてあげる大人の手の状態です。 まず、ばい菌がこどもの肌に触れることのないようにスキンケア前には手を洗って清潔な状態にしましょう。 そして、大人の手も普段からしっかりとスキンケアをして、肌荒れのない滑らかな状態にしておくことが大切です。 せっかくこどもにスキンケアをしてあげているのに、こどもに触れる大人の手が荒れていると、手指のガサガサが刺激になってこどもの敏感な肌を傷つけてしまうこともあるのです。

上手に保湿するポイントは?
保湿剤を塗るときには適量の保湿剤を手のひらに出し、左右の手のひらを合わせるようにして手のひら全体に保湿剤を広げます。 それから背中やお腹、足、腕などにやさしく塗っていきます。 このとき、こすったり擦りこんだりする必要はなく、手のひらでプッシュするようにやさしく肌の上にのせていきます。 保湿剤が足りなくなったら、その都度、手のひらに保湿剤を広げてから体に塗るというステップでスキンケアを続けるようにします。 冬場は気温が低いため、保湿剤をそのまま塗ってしまうとひんやりとした保湿剤の感触にこどもが驚いてしまい、スキンケアを嫌がってしまうこともあります。 そのためにもしっかりと手のひらで保湿剤をのばしてから、やさしく体にのばしてあげるようにしましょう。


まとめ
冬は、大人でも肌の乾燥が気になる季節です。 大人より乾燥しやすいデリケートなこどもの肌は、冬こそスキンケアが大切です。 スキンケアの時間は、親子の大切なスキンシップの時間でもあります。 できるだけ刺激の少ないボディーソープや保湿剤を使って、スキンケアの時間を楽しみながら、冬でもしっとり潤うようにこどもの健やかな肌を守ってあげましょう。

ページトップへ