0
¥0

現在カート内に商品はございません。



マスクで肌荒れ?子供のフェイスケアのポイント



昨今は、新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、大人も子供もマスクを付けての生活が日常となりました。
マスクは、くしゃみや咳によるウィルスの飛散を抑え、空気中を漂うウィルスから身を守る効果があります。
感染対策としての効果が期待できるマスクですが、一方でマスクによって肌荒れを起こす子供が増えているのも事実です。 マスクによる肌荒れから子供の肌を守るためには、適切な子供のフェイスケアが大切です。 今回はマスク肌荒れを防ぐための、子供のフェイスケアのポイントをご紹介します。



子供に増えているマスク肌荒れ

マスク肌荒れとは
マスクを付ける時間が長くなったことにより、マスクを付けている顔の部分に湿疹や赤み、かゆみなどの肌トラブルが起きるケースが増えています。 また、ひどい場合には口の周りなどに炎症が起きてしまい、赤くただれた状態となり、痛みを感じることもあります。 これまでであれば、子供が長時間マスクを付けたまま過ごす機会は少なかったこと、マスクが原因と考えられる肌トラブルが起きたときにはマスクの着用を控えることができたため、このようなマスクによる肌荒れが起きることはそれほどありませんでした。 しかし、現在ではマスクが必須の生活になっているため、マスクと上手に付き合う方法をみつけなくてはなりません。

マスク肌荒れが起きる理由は3つ
マスクによって肌が荒れる原因は、大きく分けて3つあるといわれています。

・摩擦による刺激
マスクを付けているときは、体や顔を動かすたびに少しずつマスクがずれていきます。 そのため、マスクと直接触れている部分はマスクの繊維と肌がこすれることによって刺激が生じ、肌の表面にある角質層が剥がれやすくなり、肌のバリア機能が低下してしまいます。 肌のバリア機能が低下すると外部の刺激を受けやすくなり、少しの刺激でも炎症を起こしやすい敏感な状態となります。

・マスクによる蒸れの影響
マスクをしていると自分の吐く息がマスクの中にこもるため、マスクの中は温度や湿度の高い状態となり、雑菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。 そのため、雑菌が原因となる吹き出物などができやすくなります。

・マスクを外したときの乾燥
マスクをしているときは吐息で蒸れるほどの湿気を感じますが、マスクを外した途端、肌の水分が一気に蒸発して肌は乾燥を感じるようになります。 肌が乾燥することも肌のバリア機能を低下させ、肌トラブルが起きる原因となります。


マスク肌荒れを防ぐためにできる子供のフェイスケア
フェイスケアで防ぐ子供のマスク肌荒れ
マスクによる肌荒れを防ぐためには、普段から子供のフェイスケアをしっかり行って肌の乾燥を防ぎ、バリア機能が正常な状態に働く健康な状態にしておくことが大切です。 乾燥しやすい子供の肌を守るためには、保湿重視のフェイスケアが欠かせません。 お風呂上りだけでなく、起床時の洗顔後にも保湿剤を使ってしっかりとフェイスケアを行いましょう。 また、マスクとの摩擦を和らげるために、マスクを付ける前にマスクが肌にあたる部分に再度保湿剤を塗ることも有効です。

マスクを付けるときにできる工夫
マスクは、雑菌が繁殖しないように清潔な状態に保ちます。 洗って使用するマスクの場合は、洗剤のすすぎ残しが刺激になる場合もあるため、洗濯のときにはしっかりとすすぎを行うようにしましょう。 一般的には、不織布マスクよりもガーゼなど布製のマスクの方が、通気性が良く肌に優しいといわれています。 しかし、感染防止対策には不織布マスクの方が有効的である可能性があるため、不織布マスクを使用するときには内側にガーゼをあてると肌への刺激を和らげることができます。


子供のフェイスケアで気を付けたいこと
肌トラブルから子供を守る、子供のためのフェイスケア
子供の肌は角質層が薄く、皮脂の分泌も少ないために大人よりも乾燥しやすく、デリケートな状態です。 子供のフェイスケアでは、できるだけ乾燥させないことが大切であり、保湿効果の高いローションなどを使うことをおすすめします。 また、お風呂で体や顔を洗うときに使う洗浄剤も、大人と同じものでは洗浄効果が強すぎて必要以上に肌から皮脂を奪ってしまいます。 そのため、フェイスケアに使う保湿剤も洗浄剤も、子供用に開発された肌への刺激となる添加物ができるだけ少ないものを選ぶようにするとよいでしょう。

食事の後のフェイスケアにも気を付ける
子供は、食事のときに口の周りが食べ物で汚れてしまうことも良くあります。 食べ物が付いたままマスクをすると雑菌が繁殖しやすくなりますが、汚れを落とそうとごしごしこすってしまうと肌に刺激を与えてしまいます。 食事の後は、こすらずに優しく口元を拭くようにしましょう。 保湿剤を塗れる環境であれば、食事の後などにもこまめに保湿を行うと安心です。


まとめ
マスクが欠かせない毎日となった今、マスクの摩擦や蒸れなどによって肌荒れを起こしてしまう子供が増えています。 子供の肌荒れを防ぐためには、毎日のフェイスケアが大切です。 刺激の少ない保湿剤を選び、朝晩しっかりとフェイスケアを行いましょう。 食事の後など、気になるタイミングがあればその都度こまめに保湿をしてあげるとより効果的です。

ページトップへ