0
¥0

現在カート内に商品はございません。



子供のその症状、もしかしたら花粉症かも…



春は温かく優しい日差しが降りそそぎ、花々が開く美しい季節ですが、花粉症の人にとっては厄介なスギ花粉が飛来する時期でもあります。 春先には多くの人が花粉症の症状に悩まされていますが、子供も例外ではありません。 この時期、子供の鼻づまりが続いたり、目をこするような機会が増えていたりしたら、その症状は花粉症かもしれません。



子供の花粉症が増えている?

身近なところでも、子供が花粉症になったという話を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。 花粉症の子供が増えていると言われていますが本当でしょうか。

増加傾向にある子供の花粉症
子供のスギ花粉症は、年々増加傾向にあると言われています。 日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー感染症学会が発行している「鼻アレルギー診療ガイドライン2020」によると5歳~9歳の子供のスギ花粉症の発症率は、30.1%であるとされています。さらに10歳~19歳の発症率は49.5%、0~4歳の発症率は3.8%となっています。 つまり、5歳~9歳の3人1人、10~19歳の2人に1にはスギ花粉症に悩まされているのです。そして、4歳以下の子供であっても花粉症になってしまう子供がいるのです。

花粉症の子供に起きやすい症状は
2月~3月のスギ花粉の飛来シーズンになり、鼻がムズムズしたり、目がかゆくなったりすると大人は花粉症になったかもと考えることができます。でも、子供は急に眼がかゆくなったり、鼻が苦しくなったりしてもその症状をうまく伝えることが難しいことがあります。 子供の花粉症の場合は症状があいまいなことも多く、大人と違ってあまりくしゃみは出ずに鼻づまりが多くみられる傾向にあります。 そのため、くしゃみはしていないけれど鼻がつまっている、鼻水は出ていないものの頻繁に鼻をこするなどの症状や仕草を見せたときには花粉症のサインかもしれません。 また、夜間の鼻づまりが原因でいびきをかくようになったり、熟睡できていなかったりといったこともあります。 花粉症による夜間の睡眠不足が原因となって小さい子がこの時期に昼間の期限が悪くなったり、小学生や中学生が学校で過ごす昼間の時間に集中力が低下してしまったりといったこともあります。


子供のその症状は風邪?花粉症?
スギ花粉が飛び交うシーズンと風邪やインフルエンザの流行シーズンが重なっているため、子供の花粉症と風邪の症状を見分けるのは簡単ではありません。

子供の花粉症の見分け方
子供の風と花粉症を見分けるための症状は以下のようなポイントです。 ・熱はないけれど鼻の症状が長引いている ・風邪薬を飲んでもなかなか症状が改善しない ・目をよくこすっている ・口呼吸をしていることが多くなる 風邪と花粉症を見分けるポイントは、熱がないのに鼻水や鼻づまりなどの症状が続くこと、目のかゆみを訴えたり目をこすったりといった症状が出ていることなどです。

子供の花粉症を放っておくとこんなリスクも
花粉症の症状が出ていてもそのままにしておくと鼻やのどの炎症が長く続くこととなり、副鼻腔炎や中耳炎、扁桃肥大などの病気を引き起こす原因になることがあります。副鼻腔炎や中耳炎は治るまでに時間がかかる病気でもあるため、花粉症の疑いをもったときには早めに小児科や耳鼻咽喉科、眼科などを受診し、花粉症の治療を受けるようにしましょう。 子供の花粉症も大人の花粉症と同じく、投薬による治療がメインとなります。


花粉症の時期に気を付けたい子供のスキンケア
子供の花粉症対策の基本も大人の花粉症対策と同じで、できるだけ花粉に触れないようにすることです。 また、花粉症の症状があるときは鼻や目をこすってしまうことが原因で肌あれを起こしやすくなっているため、スキンケアにも気を付けてあげることが大切です。

花粉症の原因である花粉を洗い流すこと
花粉を浴びないことが花粉症の症状を悪化させないためには大切なことですが、通園や通学の際にも花粉に触れることとなりますし、子供は花粉の季節であっても外で遊びたいものです。 服や髪の毛についた花粉は玄関に入る前に払い落とすようにし、家の中に入ったらすぐに手洗い、うがいを行うようにします。 また、帰宅と同時に顔を洗うことも花粉症の症状を和らげることになります。 肌に負担の少ないタイプの洗顔料を使って、皮膚をこすらないようにやさしく洗い流すようにするとよいでしょう。

花粉症で荒れた肌はしっかり保湿を
目の周りをこする機会が多かったり、鼻をかむ機会が増えたりすると肌表面の水分や油分のバランスが乱れ、肌がかさかさしたり、ヒリついたり、赤みが出やすくなります。 子供の肌は、大人の肌よりもずっと水分量が少なく、外部の刺激から肌を守るバリア機能も未発達なため花粉症による肌荒れを起こしやすくなります。 花粉をすっきり洗い流した後は、肌に刺激を与える添加物などが極力含まれていない保湿剤を塗るなどして、しっかりと保湿をしてあげましょう。 保湿をするときも、決して肌をこすることなく、手のひらでやさしくなじませるように塗ることが大切です。


まとめ
昨今では花粉症の子供が増えており、花粉の飛来シーズンに子供が頻繁に目をこすったり、熱はないのに鼻水の症状が続いていたりといったことがあれば、花粉症の可能性があります。 花粉症は、目や鼻の症状を引き起こすだけでなく、肌荒れの原因ともなります。 子供の健やかな肌を守るためにも、花粉の季節は肌についた花粉をやさしく洗い流し、保湿剤を使ってしっかりとスキンケアを行うことが大切です。

ページトップへ