0
¥0

現在カート内に商品はございません。

「クミバナ」


汗ばむ季節に気をつけたい子供のあせも



だんだんと気温が高くなり、湿度が高い日も続くようになってきました。ジメジメしたこの時期は、湿気によりじっとりと汗をかくことも少なくありません。 そこで気を付けたいのが子供のあせもです。子供のあせもとは、どのような症状なのでしょうか。 今回は汗をかく季節に増えるあせもの症状やあせもを予防するための方法についてご紹介します。



汗をかく季節に増えるあせもとはどんな症状?
あせもは漢字で「汗疹」と書くように、汗が原因で起きる皮膚湿疹です。 なぜ汗をかく時期にあせもができやすいのでしょうか。

あせもができる原因
暑い季節や運動をした後などには、汗をかきます。汗は蒸発するときに皮膚の表面の熱を奪うため、汗には体の中に熱がこもってしまう状態を防ぐ効果があります。 皮膚の中には汗を作るたくさんの汗腺があり、汗は汗管と呼ばれる管を通って皮膚の表面まで上り、体の外に出されます。しかし、高温多湿な状態でたくさんの汗をかくと、汗が乾燥した後に肌に残る塩分やほこり等で汗管の出口がふさがれてしまいます。 そうなってしまうと体の中で汗の行き場がなくなってしまい、皮膚の中に貯まった汗が周辺の組織を刺激して、皮膚に炎症が起きてしまいます。 これが、あせもができる原因です。

あせもの症状とあせもができやすい場所
あせもには、あまりかゆみを感じることもなく、数日で消えていく透明な湿疹の水晶様汗疹と、強いかゆみを伴い、赤いぶつぶつが急に出てくる紅色汗疹があります。 水晶様汗疹は自然に治るものなので放っておいても問題はありませんが、紅色汗疹は汗をかきやすい場所に出現し、急激に増えていきます。かゆみのほか熱を持った感じの症状や、皮膚の表面にちくちくした刺激を感じる場合もあります。 あせもは、髪の毛で蒸れやすい頭やおでこ、汗をかきやすく乾きにくい首の周辺やわきの下、ひじの内側、ひざの裏側、下着や衣服で締め付けられやすいウエストや太もも周りにできやすくなります。 また、寝ていることが多い赤ちゃんは、布団と接触する背中もあせもができやすい部分です。


子供はどうしてあせもになりやすいの?
では、どうして子供はあせもになりやすいのでしょうか。

子供は汗をかきやすい
大人に比べて子供は新陳代謝が盛んで体温が高いため、大人よりも体が熱くなりやすく、体の熱を冷ますために汗をかきやすくなります。 また、汗腺の数は大人も子供も変わらないため、体の小さな子供の方が汗腺の密度が高くなり、結果として大人よりも多くの汗をかいてしまいます。

子供の肌はデリケート
小さな子供は汗をかいても大人のようにタオルで拭いたりすることはできません。 そのため、汗をかいてもそのままにしてしまうことが多く、汗管がつまりやすくなってしまいます。 さらに、子供は肌を刺激から守る皮膚のバリア機能が未発達であるため、少しの刺激でも炎症を起こしやすく、汗をかくとあせもができやすいのです。


子供のあせもを予防するために大切なこと
これから来る暑い夏、子供をあせもから守るためにはどのような点に気を付けて予防すればよいのでしょうか。

こまめに汗を拭きとり、肌着は通気性のよいものを選ぶ
まずは、汗をかいたらこまめに清潔なタオルやガーゼなどで拭き取ることが大切です。 自分で汗を拭ける年齢になった子供には、幼稚園や学校などでもタオルやハンカチで汗を拭きとることを伝えておきます。 また、肌着は肌触りが良いだけでなく、汗を吸い取りやすく通気性の良い素材のものを選ぶようにしましょう。

シャワーやお風呂で汗を流し、肌を清潔に保つ
あせもの予防には、汗管の出口をふさがないようにすることが大切です。大量に汗をかいたらそのままにするのではなく、ぬるめのシャワーでさっと洗い流すことも効果的です。 また、お風呂の時間にはマイルドな洗い上がりのシャンプーや洗浄剤を使って、頭や体をやさしく洗い、汗や汚れを洗い流して肌を清潔に保ちましょう。

お風呂の後は保湿も忘れずに
子供の肌は皮膚が薄く、体を洗った後は健やかな肌を保つために必要な潤いまでが洗い流されてしまうこともあります。 肌の乾燥は皮膚のバリア機能を低下させ、炎症を起こしやすくなるため、お風呂上りには保湿をすることも忘れないようにしましょう。


まとめ
あせもは、大量に汗をかくことによって皮膚の表面にある汗管が詰まってしまうことが原因で引き起こされる皮膚の炎症です。 こどもは大人に比べて汗をかきやすく、肌のバリア機能も未発達であるため、汗をかくとあせもになりやすい傾向にあります。こどものあせもを予防するためにはこまめに汗を拭きとることやお風呂でしっかり汗を流すこと、お風呂の後は保湿剤でしっかり保湿することが大切です。 あせもになってしまった場合にも、肌を清潔に保ち、保湿を行うことであせもを改善することができますが、かゆみが強い場合などは皮膚科を受診することをおすすめします。

ページトップへ