0
¥0

現在カート内に商品はございません。

「クミバナ」


子供用シャンプーを選ぶポイントと正しいシャンプーの仕方



生まれたての赤ちゃんは、髪の毛がまだ薄いため頭も体もベビーソープで洗う方が多いようです。でも、子供が成長し、髪の毛の量や運動量が増えてくると、ベビーソープだけでは頭皮の汚れを落としきれなくなってきます。そんなときに必要なのが子供用シャンプーです。 今回は子供用シャンプーのメリットやその選び方、正しいシャンプーの仕方についてご紹介します。



子供用シャンプーが必要な理由
子供用シャンプーには、大人用のシャンプーとは違う特徴があります。 子供用と謳っているだけに、子供用シャンプーには子供向けに様々な工夫がなされています。

子供用シャンプーはいつから使うべき?
赤ちゃんが誕生日を迎える1歳あたりからは歩き出す子供が増え、活動量も増えていきます。お散歩や外遊びなどの機会も増え、髪の毛の量も増えてくるため、地肌にも汗や皮脂汚れ、ホコリなどの汚れが付きやすくなります。 そのため、子供が自分の足で歩くような時期になると、ベビーソープだけでは汚れが落としにくくなることや髪の毛のきしみや絡まりが気になってくることがあります。 外遊びが増え、髪の毛が生えそろうようになったら、子供用シャンプーを使い始めるタイミングなのではないでしょうか。

目にしみないから、子供がシャンプーを嫌がらない
子供用シャンプーは、大人のシャンプーとは違ってシャンプーが目に入っても痛くないような成分が入っています。洗髪中にシャンプーが目にしみることでシャンプー嫌いになってしまうことも少なくありません。 シャンプーが目に入るのを防ぐシャンプーハットも市販されていますが、シャンプーハットが肌と接する耳の周辺やうなじのあたりは洗いにくくなってしまいます。 そのため、目に入っても痛みを感じることのない子供用シャンプーを利用すると、子供の頭全体を洗いやすくなります。


子供用シャンプーを選ぶ際のポイントは?
子供用シャンプーを選ぶ際にはどのようなことに気を付けるとよいのでしょうか。

低刺激で肌にやさしい洗浄成分であること
子供の肌は、大人の肌よりもデリケートです。 そのため、頭皮に刺激の強い洗浄成分である高級アルコール系を利用したものは、頭皮や肌トラブルを招く可能性があります。 子供用シャンプーには安全性が高く低刺激であるベタイン系やアミノ酸系の洗浄成分を使用しているものやベビーソープや敏感肌用の洗浄成分として用いられることの多いグルコシド系の洗浄成分を使用しているものがおすすめです。

添加物ができるだけ少ない物がおすすめ
子供が使う子供用シャンプーには、できるだけ安全性が確認された安心できる成分を使用したものを選びたいものです。 着色料、防腐剤、人工香料など添加物が含まれているものは肌へ刺激を与える可能性があるため、子供用シャンプーを選ぶ際にはマイルドな洗浄成分を利用しているものに加え、できるだけ添加物が少ないものを選ぶようにするとよいでしょう。


子供用シャンプーの正しい使い方
子供用シャンプーは、どのように使うとよいのでしょうか。 地肌と髪をすっきり洗うことができる子供用シャンプーの正しい使い方をご紹介します。

洗う前にはお湯だけで予洗い
シャンプーを付ける前に、シャワーで地肌を予洗いしましょう。お湯でしっかり地肌を洗うと、シャンプーの泡立ちが良くなり汚れが落ちやすくなります。この時、水流が強すぎると子供が怖がってしまうこともあるので、水流の強さやお湯の温度は事前にチェックしておきましょう。

シャンプーは手で泡立ててから頭にのせる
予洗いが終わったら、子供用シャンプーを適量手に出し、予め手で泡立ててから子供の頭にのせていきます。 シャンプーを手で泡立ててから使うことで、泡立て時の頭皮の摩擦や刺激を抑えることができるほか、地肌を泡が優しく包んで汚れを落としやすくします。

洗うときは指の腹を使って、やさしくマッサージをするように
汚れを落とそうと強く洗ってしまうと、子供が痛みや恐怖を感じてシャンプー嫌いになってしまうことや地肌を傷つけてしまうことがあります。 爪を立てるのではなく、指の腹をつかってマッサージするようにやさしく洗うようにしましょう。

シャンプー後のすすぎも大切
シャンプーの泡が残っていると肌に刺激成分が残り、肌トラブルになってしまうこともあります。シャンプーの後には、洗浄剤が残らないようにしっかり流水ですすぐようにします。 また、地肌だけでなく、シャンプーがつきやすい首元や背中、おでこ、耳などもしっかり洗い流しましょう。

子供の顔の位置に気を付ける
シャンプーを洗い流すときに子供が下を向いているとお湯やシャンプーが顔の方に流れてしまうため、シャンプーの時は少し上を向かせた状態でお湯をかけるようにします。 浴室の壁の高いところや天井に、子供が好きなキャラクターのポスターなどを貼っておくとシャンプーの時の目印になってよいかもしれません。


まとめ
子供用シャンプーは、外遊びの機会が増えたり、髪の毛が生えそろってきたりしたタイミングから使い始めることをおすすめします。 子供の地肌も皮膚と同様デリケートであるため、子供用シャンプーを選ぶ時にはできるだけ添加物が入っていないマイルドな洗浄成分のシャンプーを選ぶようにしましょう。 また、シャンプーを予め泡立ててから頭にのせて頭皮への刺激を減らすことや地肌だけでなく体についたシャンプーもしっかり洗い流すことも大切です。

ページトップへ