0
¥0

現在カート内に商品はございません。

「クミバナ」


洗剤だって気を付けたい!子供の肌に優しい洗剤の選び方



汗をかくこれからの季節は、あせもや日焼けなど肌トラブルが増える季節でもあります。また、大人よりも汗をかきやすい子供は着替えの回数も多くなり、洗濯の機会が増える時期でもあります。 しかし、子供の肌を清潔に保つためにこまめに着替えさせていても、使用している洗剤によっては、洗濯が子供の肌トラブルの原因となってしまうことがあります。 今回は、子供の肌に優しい洗剤の選び方と洗濯方法についてご紹介します。



洗剤はどうして必要なの?洗剤の効果とその種類
洗濯をする時には当たり前のように使用している洗剤ですが、どうして洗剤は必要なのでしょうか。 洗剤の効果と洗剤の種類についてご紹介します。

洗剤が汚れを落とす仕組み
衣服には、汗や皮脂汚れ、食べこぼしなどさまざまな汚れがつきます。 このさまざまな汚れを落とすために、洗剤には複数の有効成分が配合されています。その中でも洗剤の主成分となる「界面活性剤」は、汚れを落とすために大きなはたらきをします。 界面活性剤は、油になじみやすい部分と水になじみやすい部分の性質の異なる2つの部分から構成されており、油と水を混ざりやすくする効果があります。 本来、水と油は混じり合わないもののため、食べこぼしや皮脂汚れなど、油を含む汚れを水だけで落とすことはできません。そこで活躍するのが界面活性剤です。 界面活性剤を含む洗剤を利用すると、繊維の隙間に水と界面活性剤が浸透し、汚れを包み込んで水中に引き出す効果があります。また、水中に引き出された汚れは界面活性剤で包まれているため、再度衣類に付着することはありません。 洗剤を使って洗濯すると、界面活性剤が衣類から汚れを引き離し、汚れは水と一緒に流れていくため、衣類がきれいになるのです。

洗剤の種類
洗剤には、さまざまな種類があります。 形状の違いでいうと、洗剤が粉末状になっている粉末洗剤、液体の状態でボトルに入れられている液体洗剤、軽量する必要がなく、特殊な膜で1回分の洗剤を包み込んだジェルボール洗剤などがあります。 また、合成界面活性剤を主に利用しているものと石けん成分を主に利用しているものの2つに分けることができ、さらには合成界面活性剤の中にもさまざまな種類があります。


子供の肌に優しい洗剤選びのポイント
子供の肌は大人よりもデリケートです。繊細な肌を守るためには、子供の肌に優しい洗剤選びを心掛けることも大切です。

子供の肌トラブル、洗剤が原因かも
衣類が肌に触れるところによく湿疹ができたり、かゆみが生じていたりする場合、もしかすると洗剤が原因で起きている肌トラブルかもしれません。 洗剤の中には肌への刺激が強い成分が含まれている場合もあり、そのような成分が衣類に残っていると、肌と衣類が触れることでトラブルを招いてしまう可能性があります。 子供に湿疹やかゆみなどの症状が出ている場合は、一度洗剤を見直してみると良いかもしれません。

子供の肌に優しい洗剤とは
では、子供の肌トラブルを防ぐためにはどのような洗剤を選ぶと良いのでしょうか。

・植物由来の成分
石油由来の界面活性剤の場合、汚れを落とす洗浄力は強いものの肌への刺激が強いことがあります。植物由来の界面活性剤を使用している洗剤のほうが、肌に優しい洗剤である場合が多いです。

・添加物が入っていないもの
洗剤には、界面活性剤以外にも「蛍光増白剤」「漂白剤」「香料」「酵素」「着色料」など安全性が解明されてないものや衣類に残りやすい成分が含まれているものもあります。 これらの添加物ができるだけ含まれていない洗剤を選ぶことも大切です。

・石けん成分のもの
同じ界面活性剤でも石けん成分のものは、衣類へのすすぎ残しが少なく、比較的肌への刺激が少ないといわれています。 石けん成分の洗剤は、品名に「洗濯用石けん」と表示されています。


子供の肌を守るために洗濯時に気を付けたいこと
洗剤選び以外にも、子供の肌をトラブルから守るために洗濯の時に気を付けたいことがあります。

洗剤は適量を使い、すすぎはしっかり行うこと
洗剤による肌トラブルの多くは、洗剤に含まれる成分が衣類に残ってしまうことが原因で引き起こされています。 洗剤は多く入れることでその効果が高くなるわけではありません。規定の量よりも多く洗剤を入れることは、衣類へのすすぎ残しの可能性を高めてしまうことにもなります。 また、すすぎをしっかり行うことも大切です。すすぎ1回をうたっている洗剤であっても、十分な量の水で2回以上のすすぎを行うことをおすすめします。

柔軟剤は避けた方が無難
子供の肌に触れるためふわふわのタオルや衣類のほうが肌に優しいのではと考え、柔軟剤を使用している方も少なくないかもしれません。 しかし、柔軟剤は洗濯物の洗い上がりをふんわりとさせるために、繊維を包み込むようにコーティングする性質のものであり、しっかりとすすぎを行った場合であっても洗剤よりも衣類に残る可能性が高くなります。 また香りが強いものも多いため、デリケートな子供の肌には柔軟剤の使用は避けたほうが安心です。


まとめ
子供の肌に優しい洗剤を選ぶ際には、植物由来の成分や石けん成分の洗剤を選び、できるだけ肌に刺激を与える可能性がある添加物が含まれていないものを選ぶことをおすすめします。 また、洗濯の際には洗剤の適切な投入量を守り、しっかりとすすぎを行って、洗剤の成分が衣類に残らないように気を付けることが大切です。

ページトップへ