0
¥0

現在カート内に商品はございません。

「クミバナ」


子供にとって快適な肌着や寝具を選べていますか?



毎日身に着ける肌着には、とっても大切な役割があります。 最近では、技術の進化に伴ってさまざまな機能を持つ肌着も登場しています。子供の肌に直接触れるものだからこそ、肌着は子供の肌に優しいものを選びたいものです。 また、肌着と同じように毎日寝る時に使うシーツや毛布などの寝具も子供の肌に直接触れるものです。 今回は、子供が快適に過ごせる肌着や寝具の選び方についてご紹介します。



子供に肌着を着せていますか?
暑い日が続くと、肌着を着せないほうが涼しく過ごせるのではと考えて、子供に肌着を着せないことがあるかもしれません。 しかし肌着にはとっても大切な役割があるのです。 。

肌着が果たす役割とは
肌着は薄くて乾きやすい素材で作られているものが多いため、夏は体から流れる汗を吸い取り、衣服がべったりと肌に張り付く不快感を和らげてくれます。 反対に、寒い時期には服と肌着の間に空気の層を作って体を温める効果があり、肌着には季節に応じた体温調節の働きがあります。 そのほか、肌着は汗だけでなく肌から分泌された皮脂も吸収します。毎日洗濯された肌着を着用することで肌を清潔に保つだけでなく、衣服に皮脂汚れが付くことを防ぎ、汗による衣服の黄ばみを抑える効果もあります。

肌着を着せるべき理由
Tシャツは肌着に比べてゆったりめのサイズで作られていることがほとんどです。そのため、暑い時期に肌着を着せずにTシャツ1枚で過ごさせると、肌とTシャツの間に隙間ができてしまい、肌着のように汗を吸収する効果は低くなります。そのせいで汗が肌に残って毛穴を詰まらせ、あせもなど肌トラブルの原因になります。 また、肌着は肌を清潔に保つ効果、体温を調節する効果以外にも、デリケートな子供の肌を刺激から守るための大切な働きがあります。 衣服には、素材や洗濯方法を示すタグやブランドのタグなどが縫い付けられています。肌着を身に着けず、直接衣服を着用すると、これらのタグが子供のデリケートな肌をチクチク刺激して、かゆみや痛みの原因になってしまうことがあります。 肌着には、このような衣服の刺激から肌を守る働きもあるのです。


子供の肌着選びが大切な理由
肌着の役割についてご紹介しましたが、肌着の選び方によっては肌着が子供の肌に悪影響を与えてしまう可能性もあります。 子供の肌着選びの際には、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。

子供の肌着におすすめの素材とは
子供の肌に直接触れる肌着は、柔らかく通気性の良いものがおすすめです。綿の肌着は肌触りも良く、汗を吸収する効果も高いです。一方で、化学繊維は汗を吸収しにくく、通気性が悪いといったイメージがありました。しかし最近では、吸水速乾素材など汗を吸収しやすく乾きやすい素材の化学繊維の肌着も登場しているため、一概に綿の肌着だけが良いというわけではありません。ただし、化学繊維は触れた時に静電気を起こしやすいため、子供によってはその刺激でかゆみなどを引き起こしてしまうこともあり注意が必要です。 また、冬によく見かけることの多い吸湿発熱素材は、体から出る汗を吸収して温かくなる素材です。冬でも体温が高く汗っかきの子供にとっては、吸湿発熱素材の肌着は暑くて蒸れてしまう可能性があり、乾燥肌の子供にとっては体の水分が必要以上に奪われることでより乾燥を促す可能性もあるため、子供が日常的に使う肌着としてはおすすめしません。シーンや場所に応じて使い分けると良いでしょう。

子供の肌着選びのポイント
子供の肌着を選ぶ際には、素材以外にも気を付けたいポイントがあります。よく体を動かす子供にとって、体を締め付けるようなものや動きにくい肌着は自由に動くことができず、ストレスになってしまう可能性があります。伸縮性があり、体にほどよくフィットするものを選ぶと良いでしょう。 また、肌着に飾りが付いているものや洗濯表示のタグが縫い付けられているもの、首元やわきの縫い目が直接肌に当たるものなどは、子供の柔らかな肌を傷つけてしまうことがあります。 できるだけシンプルで、縫い目が肌に当たりにくく、タグなどが付いていない肌着を選んであげると良いでしょう。


子供の寝具選びも肌に優しい素材を優先に
寝る時に使うシーツやブランケット、枕カバーなどの寝具も、長時間子供の肌に触れるものです。子供の成長に欠かせない睡眠時間をより快適なものにするために、寝具も子供の肌に優しいものを選びたいものです。

子供の肌に優しい寝具とは
大人より体温が高い子供は、寝ている間も体温が高く保たれています。そのため、通気性が悪く蒸れやすい素材の寝具では、快適な眠りを妨げてしまいます。肌着同様に汗を吸収しやすく、通気性の良い素材の寝具がおすすめです。 また、デザイン性の高いシーツやブランケットなど、凹凸がある織り方の生地は、その凹凸が刺激になってしまうこともあるため、できるだけ滑らかな肌触りのものが安心です。

寝具を清潔に保つことも忘れずに
汗をかきやすい子供は、寝ている間にも大量の汗をかいています。起きた時に肌着が汗ばんでいることに気が付いたことがある方も多いのではないでしょうか。 汗で湿った寝具をそのままにしておくと、高温多湿を好むダニが繁殖してしまいます。ダニは、子供の肌を刺すだけでなく、ハウスダストアレルギーの原因にもなります。 肌に優しい寝具を選ぶだけでなく、シーツやブランケットはこまめに洗濯し、布団は定期的に外干しするなどして、常に清潔な状態を保つように心がけましょう。


まとめ
肌着は汗を吸収したり、肌と服との間に空気の層を作ったり、季節を問わず体温を調節する働きがあります。また、衣服に付いているタグなどの刺激から肌を守る効果もあります。 子供の肌に直接触れる肌着や寝具を選ぶ時は、肌あたりが柔らかくて通気性が良く、蒸れにくい素材のものがおすすめです。 また肌に優しい素材を選ぶだけでなく、こまめに洗濯をして、肌に触れるものを清潔に保つことも大切です。

ページトップへ