0
¥0

現在カート内に商品はございません。

「クミバナ」


子どもの夏の肌問題とは



梅雨が明け、抜けるような青空が広がるようになると夏本番です。子どもたちは、なかなか外に出られなかった梅雨時期の鬱憤を晴らすように、太陽の日差しを体いっぱいに浴びながら外遊びに夢中になる時期です。 しかし、蒸し暑い夏の時期は子どもの肌問題が起きやすい季節でもあるのです。 今回は、子どもの夏の肌問題として夏にトラブルが起きやすい症状とその対処法についてご紹介します。



夏は子どもの肌問題が起きやすい季節
日本の夏は、じめじめと蒸し暑く、高温多湿な状況が続きます。昨今では、地球温暖化の影響からか35℃を超える猛暑日もそう珍しくないような気候となってきました。 汗だくになりながらも屋外を元気に走り回る子どもたちの姿は微笑ましいものですが、汗をたくさんかくことと、半そでや短パンなど夏用の衣服を着用して肌の露出が増えることが子どもの夏の肌問題に大きく関係しています。 夏休みや帰省など、イベントも多い夏の時期に子どもが肌のダメージに悩むことがないよう、トラブルを未然に防ぐための対策や万が一肌トラブルが起きたときの対処法を知っておくと安心です。

子どもの夏の肌問題 その1:あせも
あせもは、大量の汗をかくことが原因で起きる肌トラブルです。
子どもは大人よりも体が小さいため、汗を分泌する汗腺の密度が高く、大人よりも多くの汗をかきます。また、子どもは体温が高く、新陳代謝が盛んなことも汗をかきやすい要因となっています。 汗をたくさんかいた後に汗が乾くと、肌に塩分が残ります。この塩分や肌に付着した汚れが汗の出口をふさいでしまうことで、肌の中に汗が溜まってしまい、表面に炎症が起こります。これが、あせもです。

・あせも予防とあせもになってしまった場合の対処法
子どものあせもを予防するためには、通気性のよい衣服を着せて、汗をかいたらこまめにふき取ることが大切です。また、大量の汗をかいたときはぬるめのシャワーで汗と汚れを洗い流すことも有効です。 一日の終わりにはお風呂に入り、肌を清潔な状態に保ち、夏でも肌問題を引き起こす原因となる乾燥を防ぐためにしっかりと保湿を行いましょう。 あせもができてしまったときにも、肌を清潔に保ち、保湿をすることで症状が改善することがほとんどですが、なかなか肌の状態が落ち着かない場合には医療機関を受診するようにしましょう。

子どもの夏の肌問題 その2:日焼け
日焼けも、夏に起きやすい子どもの肌問題の1つです。海やプールに行く機会も増えますが、毎日の公園遊びでも薄着で遊ぶこの季節は日焼けしやすくなります。 子どもは大人よりも皮膚が薄く、バリア機能も未発達のため、大人よりも紫外線の影響を受けやすい状態にあります。強い日差しを浴びると肌が火傷をした状態になり、赤く熱を持ち、ヒリヒリした痛みやほてりが生じてしまいます。 また、紫外線はこのような肌トラブルを招くだけではありません。長期的に紫外線を浴び続けることで、将来的にシミやシワといった肌の皮膚の老化を早め、皮膚がんが発症しやすくなるなど長期的な肌問題も引き起こす可能性があるのです。

・日焼け予防と日焼けしてしまったときの対処法
外遊びをする際にはできるだけ日差しの弱い朝や夕方の時間帯を選び、帽子をかぶせて、体全体に日焼け止めを塗ることが大切です。 日焼け止めは、石けんで落とせる子ども用のものや低刺激のタイプを選び、こまめに塗り直すようにします。日焼け止めが肌に残ると肌に刺激を与える可能性もあるため、夜の入浴時にはしっかりと泡立てた石けんやボディーソープを使って、日焼け止めをきれいに洗い流すように心がけましょう。 ひどい日焼けをしてしまった場合には、冷たいタオルや氷などで肌を冷やし、ほてりを鎮めるようにします。肌の炎症が広がっているようであれば早めに医療機関を受診しましょう。

子どもの夏の肌問題 その3:虫刺され
夏は、蚊やブヨ、ハチなど虫の活動も盛んになるため、公園や山などでこれらの虫に刺される機会も増えます。 また、高温多湿の環境はダニも繁殖しやすく、寝具やクッション、ぬいぐるみなどに生息するダニに刺される可能性もあります。虫刺されから子どもを守るためには、虫に刺されないような工夫が大切です。

・虫刺され予防と虫に刺されてしまった場合の対処法
虫が多い場所に出かける場合は、虫よけスプレーを用意しておきましょう。最近では、ハーブの香りを活用したオーガニックのものや肌に優しい成分を使った虫よけも発売されています。シチュエーションや子どもの肌の状態に合わせて、虫よけスプレーを選ぶことをおすすめします。また、布団やクッション、ぬいぐるみなどもこまめに天日干しするなど、室内を換気し、ダニが繁殖しにくい清潔な状態に保つことも大切です。 虫に刺されたときは、まず流水で患部をよく洗い流し、その後冷たいタオルなどで冷やすとかゆみが和らぎます。虫に刺されたことでアレルギー反応が起きる場合もあるため、市販の塗り薬を使用して様子をみた後、腫れがひどい場合や発熱や嘔吐などの症状が表れた場合には医療機関を受診するようにしましょう。 虫に刺されたところを掻きこわしてしまうと、そこから細菌やウィルスが侵入し、とびひなどの感染症にかかってしまう場合もあるため注意が必要です。


まとめ
子どもの夏の肌問題として代表的な3つの肌トラブルをご紹介しました。あせもも虫刺されもかゆみが強いため、子どもが肌をひっかいて傷をつけないように爪を短く切っておくことも大切です。 あせもはこまめに汗を拭いて着替えさせること、日焼けには日焼け止め、虫刺されには虫よけスプレーを使用することで対策することもできます。 夏は肌トラブルが起きやすい季節ですが、子どもの肌を守るためしっかりと事前に対策を行い、楽しく夏を過ごしましょう。

ページトップへ