0
¥0

現在カート内に商品はございません。

「クミバナ」


秋に増える子どもの肌トラブルは乾燥が原因?



夏のうだるような暑さが落ち着き、だんだんと過ごしやすくなってくる秋は一息つけるような季節です。 しかし、ほっとしていられるのも束の間、秋は子どもの肌トラブルが増えやすい時期でもあるのです。 今回は秋に増える子どもの肌トラブルと空気の乾燥の関係についてご紹介します。



気温の変化が大きい秋にみられる子どもの肌トラブル
秋は、夏を思わせるような強い日差しの日があったかと思えば、急に長袖が必要になるほどの気温になったりと、日々の気温の変化が大きい時期です。また、日中は汗ばむような陽気でも日が沈むころから気温が低下し始め、朝方には肌寒さを感じるようなことも。 そのため、夏の終わりごろから秋にかけては、夏にみられる肌トラブルと冬場に多くみられる乾燥が原因の肌トラブルが混在する時期です。 秋に起こることが多い子どもの肌トラブルには、以下のようなものがあります。

・あせも
朝は涼しくても、日中は思ったよりも暑くなることがあります。子どもに厚手の服や長袖を着せていると、基礎代謝が高く、よく動き回る子どもは汗をかいてしまうことがあります。あせもは真夏の時期だけと思って油断し、汗をそのままにしておくとあせもができてしまいます。

・汗によるかぶれ
あせも同様に、汗をかいていても着替えずに汗で湿った肌着や服をそのまま着続けていると、衣服に触れている部分や汗がたまりやすい部分がかぶれてしまうことがあります。

・虫刺され
虫刺されといえば、夏を思い浮かべることが多いかもしれません。しかし、蚊は気温が30度を超えるような時期にはあまり活動せず、気温が25度前後の時期に最も活発に活動するのです。そのため、秋も虫刺されには引き続き気を付けなければなりません。

・乾燥によるかゆみ
急に涼しい日が出てくることもある秋。こんな日には空気も乾燥しているため、子どもの敏感な肌は湿度の急激な変化に適応できずに肌が乾燥し、乾燥からくるかゆみなどのトラブルも生じやすくなります。


湿度の低下と子どもの乾燥肌の関係
秋は日によって気温の差も大きいですが、湿度も大きく変化する季節です。気象庁が発表しているデータによると、2020年9月の東京の1日の最高気温は35.1度を記録した日もあれば、15度も低い20.0度の日もありました。また、湿度の変化も大きく、最低湿度が86%の日もあれば、50%も低い36%の日もありました。このデータを見るだけでも、秋は気温の変化が激しく、さらには湿度の変化も大きいことが分かります。




最高気温

最低湿度

最も高い日

35.1℃

86%

最も低い日

20.0℃

36%


湿度の低下は、空気中の水分が少なくなること、つまり空気が乾燥していくことを意味します。子どもの肌は皮膚が薄いため、非常に水分が蒸発しやすく乾燥しやすい特徴があります。 そのため、秋の初めに急激に湿度が下がった日の翌日は、子どもの肌が乾燥してトラブルが起き、皮膚科を受診する子どもの数が増えるともいわれています。


秋に向け、子どもの肌トラブルを回避するには
では、空気が乾燥しやすいこれからの季節に向け、子どもの肌トラブルを防ぐためにはどのようなことが大切なのでしょうか。 子どもを肌トラブルから守るための対策をご紹介します。

・汗をかいたらそのまま放置しない
夏に比べると気温が落ち着いてくるため、汗をかいても拭いたり、着替えをさせたりする機会が減ってはいませんか? 秋といえども子どもは汗をかくことが多いため、汗をかいたらしっかりと汗を拭きとり、着替えをさせること、夜はお風呂で汗や汚れを洗い流して清潔な肌を保つことが大切です。

・厚着させすぎないこと
大人の体温よりも子どもの体温は高いため、大人は肌寒いと感じるときでも子どもはそれほど寒さを感じてないこともあります。大人の感覚で子どもに厚着をさせてしまうと、動いているうちに汗びっしょりになってしまうことも。 肌寒さを感じるときは、カーディガンやシャツなどを使って重ね着をさせ、暑くなってきたら脱ぐことができるように調整しやすい衣服を着せることをおすすめします。

・保湿中心のスキンケアを忘れずに
空気が乾燥し始めるこの季節は、お風呂上がりと朝の2回、子どもの肌の乾燥を防ぐために保湿中心のスキンケアを念入りに行いましょう。 湿度が下がることで子どもの肌は乾燥しやすくなりますが、実は汗が乾くときも子どもの肌は水分を奪われ、乾燥するのです。 気温が低く、空気が乾燥していると感じる日だけでなく、汗をよくかいた気温の高い日であっても、顔はもちろん体全体に保湿剤を塗り、乾燥による肌トラブルが起きないように気を付けましょう。


まとめ
過ごしやすい気温や湿度になる秋は、味覚の秋、スポーツの秋、読書の秋と、さまざまなことを楽しみやすい季節です。

ページトップへ